Parallels Desktop祭り

基盤:それで Parallels Desktop ですが、どうしましょう。

開発:試用版で色々やってみて、機能性能的に問題なく使えることはわかりました。使いやすいし見た目も、この動作状況のインジケータとかなかなかかわいい。Hyper/Vには無い楽しさです。Mac上で動かすVMサーバとしてはベストのソリューションかも知れません。

基盤:私はこの、Parallels用のUbuntuパッケージの詰め合わせというかセンスが、なんだか好きですね。Parallels用にちゃんと設計されている感じもしますし。 あと、/bin/sh -> /bin/dash になってるところが面白いというか、一事が万事的な感じがします。

経理:アース渦巻第4巻に点火しました。ちょっと飽きたので、今度金鳥も試しましょう。

基盤:それで、選択肢は3つ。スタンダードは1万円で買い切り永久使用できますが、ゲストVMあたりRAM 8GB、4CPUという制約があります。6コアと16GBを持ってるホストの能力をフルに活かすには、4CPUはちょっと残念なところです。

経理:そういうエディション設計ですねw

基盤:それと、このツールの元気さだと、今後の向上が期待できるのでは無いかと思いますので、最新版が使えるサブスクリプションのほうが良いかと思われます。1万円/年です。

社長:では、Proをサブスクライブしましょう。

基盤:なんか安売りクーポンとか乱発してるみたいですが…

経理:ネットで検索しても、どのクーポンが、現在これに使えるのかさっぱりわからないです。このサイトから行ってみます… 1000円お得。

基盤:Toolbox と Access が消えちゃってるのがなんか嫌ですね。

開発:毎年30%オフとかならすごいですが、クーポンて初年度だけですよね。

基盤:毎年新規にサブスクライブするとか。

開発:こういう怪しげなキャンペーンとかクーポンとかやめたほうがいいんじゃないですかね。製品と会社のイメージを落とします。

社長:Microsoftも当初は、WindowsNTキャンペーンのタダ版CDを垂れ流ししてましたけどね。10枚以上は持ってましたw

社長:えーと、もうかれこれ小一時間クーポンを探していますが、この労力によって最低賃金の時給1時間相当を得られるのか?に疑問を持ちます。我社の本来の労働単価は一桁以上違うわけです。普通に買いましょう。

経理:了解です。では、試用版のボタンから行きます。

基盤:ああ、ビジネス版には ToolBox が無償でバンドルされてなかったりするようですね。

経理:ではPro版をPaypalでぽちっ。ライセンスキー出ました。

基盤:では、表示されたライセンスキーをコピペしてぽちっと。

開発:「購入」が消えましたね (^-^)

社長:昔はこの、ライセンスキーを手入力させるソフトが多くて、さんざんつらい思いをしたものです。今で例えれば劣悪版のReCAPTCHAみたいでした。よい時代になりましたね。

* * *

基盤:おっと、MacOS も仮想マシンにできるのですね。Android仮想マシンも面白そう。

開発:Fedora とか CentOS も懐かしいのでインストールしてみますか。

社長:Ubuntuの前はもっぱらFedoraでしたね。

基盤:では片っ端からインストール…

開発:なるほどこれがAndroid OSですか。動きますね。ってこれ、ARM をエミュレーションしてるんですかね。そのせいか、非常に遅い。

基盤:… 死にましたね。

開発:ホストのメモリが16GBでは辛いでしょうね。

基盤:16GB x 2 の追加を2万円くらいでいけます。

社長:しかし仮想マシンイメージのダウンロードにギガビットインターネットは本当にありがたいですね。

基盤:そういうわけで、MacOSのインストールにだけは1時間ばかりかかりましたが、他のOSは数分ですね。

開発:サーバ用のVMなら軽いですが、さすがにデスクトップのOSを数台同時に走らせるのは厳しいですね。CPUがほとんどシステム時間になりますし。

基盤:なにより、メモリがキツイと思います。やはり32GB増量計画ですね。

社長:10年前には各種OS各バージョンの仮想マシンを50台くらいVMwareに持ってましたが、時々クラッシュして2度と立ち上がらなくなるのが恐ろしかったものです。なのでスナップショットは欠かせなかった。昨日から見ていると、クラッシュすることはなきにしもあらずでも、ちゃんと回復しますね。これはゲストOS側の進歩もあるのかなと思います。

開発:当面はUbuntuが主要なお客さんOSだと思いますが、全然問題ないようですので、これからはParallelsですね。

基盤:Hyper/VとホストのLenovoには結構投資しましたが…

開発:まあいずれ、何か実用に生きるか、少くとも思い出にはなるんじゃないですかね。

基盤:そうですか…。では一区切りつきましたので、記念写真をパシャ。

— 2020-0802 SatoxITS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です