ブラウザ達のShow All Windows

社長:こないだ Terminal の Show All Windows に感銘を受けたので、今日ははじめてブラウザを総視察しました。まず今現在の Vivaldi。

基盤:黒いのが目立ちますね。

社長:これは「自分」とは別のユーザ(ログインなどの状態を共有しない)として開いているウィンドウです。これがデフォルトの配色かどうかは忘れました。かといって通りすがりの「ゲスト」では無いので、ブックマークとか履歴とかはちゃんと残ります。目立つ黒帯はVivaldiのサイドバーですが、おもに履歴表示に使っています。何時そのページを見たかがパッとがわかるので重宝しています。

社長:次がOpera。

基盤:今もかなり使ってるんですね。

社長:1ヶ月以上前に開いたままのタブがほとんどですが。

社長:次にChrome。

基盤:これもかなり使ってますね。

社長:Vivaldi が固まった時の代打とか。Googleで検索したい時につい開きますね。OperaはVivaldiにかなり近いのでかぶってしまうのですが、Chromeは明らかに別なので、使い分ける意味があります。あっさりしているので口直し的にもなります。

社長:Firefox。特に意図があって開いたわけではありません。

社長:Safari。これは client-side CSSのテストとか、キャッシュの振る舞いを確認した時に開いたものですね。SafariはPDFにした時の色合いとか型式が独自で好ましい事があります。特に印刷のプレビューは良いと思います。

社長:Show All Windows については、右クリックのコンテクストメニューで呼び出せると良いなと思います。Show All Tabs もあると良い。さらに各タブの中の履歴にあるページを重ねて表示してくれるとありがたい。でマウスホイールでぱらぱらめくれるか、MacのMailみたいにスクロールできるみたいな。検索もできると良い。

社長:とにかくこれは現状を全貌したり一つを選択する表示モードとして便利なものだとは思うのですが、選択の方法がクリックだけでつまらない。コンテクストメニューでいろいろできるとか、複数を選択して、選択の結果をどうするとか、デスクトップ上の表示位置を移動できたり、選択したものを拡大縮小できるとか、とにかくいろんな可能性が秘められていると思います。

社長:それにやはり、これを一時的なメニュー的な表示という位置づけではなくて、もうこの表示モードのままで実際に使いたいこともあるわけです。そうすると、以前Opera にはまったころに試したような、多数のミニチュアウィンドウを常時表示というようなものも、アプリによらない統一的な操作で実現できるのにと思います。

社長:これは仮想デスクトップと深く関係していると思うんです。仮想デスクトップには、それぞれある作業を行うためのツールのセットを割り付けて、記憶させて、呼び出したい。その一つとして、特定の作業とは関係なく横断的に全部のウィンドウを表示するデスクトップというのもあって良い。そういう意味では、特定のアプリに関する全ウィンドウ表示ではなくて、とにかく全部とか、日付とかの条件で検索するとか、特定のタグをツケたものだけ表示するとか…

社長:あれ?そういえばタグって使ったことないですが、ひょっとしたらそういうふうに使えるものですかね?

社長:ともかく、ブラウザごとに、ウィンドウ毎に現在のタブのセットを記憶しておいて後から呼び出したりとか、デスクトップの状態に名前をつけて記憶しておいてあとから呼び出せるとか。検索できるとか。アプリによらず同じモデルで実現して欲しい。そういうふうになっているとうれしいと思います。

— 2020-0715 SatoxITS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です