無能ネギ

社長:帰りました。

経理:今日はあまり酒臭くないですね。

社長:中瓶一本で堪えました。いちいち頼まなくてもオートマチックに出てくるのでありがたいです。

開発:今日もしらす丼ですか?

社長:いや、ひさしぶりに定番のつぼ鯛の干物です。まあ、あとで思ったのは、しらす丼の定食に干物を単品で頼めばよかったかなと。

社長:それよりも今日は、はじめてあの店で味噌汁のおかわりを頼みました。120円。え?これってパックの味噌汁並においしいじゃんて。

開発:特に大きな店だとパック味噌汁より美味しいのを出す所は多くないですね。大鍋で大量作り置きとか。

社長:味噌が劣化しちゃうと言うか風味が壊れて飛んじゃうんでしょうね。あれはコーヒーみたいなものかと思います。それより関心したのは、トッピングしてある刻みネギでした。刻みたてで香りも良くプリプリプチプチと食感も良く。旬なのかな?

開発:美味しいネギって本当に美味しいですよね。

社長:なにかこう、体が欲しているものが含有されている感じがします。これは、自宅でパック味噌汁では味わえないものです。

基盤:納豆にネギは最強コンビですね。

開発:カモにネギとか。ネギ間というのは理にかなった素晴らしいコンボなんだろう思うんですが、なにか気負った焼き鳥屋では出してなかったりします。

社長:インスタントラーメンには黎明期から乾燥ネギが粉末スープに配合されてましたね。まったく味を感じないのですが、紙吹雪というか、何かの山の賑わいみたいな。

開発:それが最近のカップ面には、とてもよく出来た乾燥ネギが入ってるのがあって、あれは素晴らしいと思います。やればできるんじゃないかって思いました。

社長:生に熱を通して食べる場合には、熱の通し加減がとても重要ですね。歯ごたえにおいても、味においても。まあ、焼く場合にはあまり失敗はないのですが。

開発:薬味系というか、苦味とか辛味のある野菜はそうですね。ゴーヤとかセロリとかも。

社長:私の出身地には名物の煮込み系ネギがあるんですが、子供の頃はドロっとして気持ち悪いというイメージしかありませんでした。今は子供の頃とは味覚が全く変わっていますから、再トライすべきかなとは思います。

開発:長ネギは本当に美味しいです。生でも温めても炒めても焼いても揚げても、脇役でも主役でも。万能ですね。

基盤:ですが、あのひょろっとした分葱というんでしょうか。あれって意味不明です。まあ、味の薄めのもの… しゃぶしゃぶに合うくらいかな。

開発:あれはほぼ飾りの無能ネギじゃないですかね。インスタントラーメンの粉末スープに入ってる紙吹雪みたいな。って実はあれだったりして?

— 2020-0718 SatoxITS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です